トイレのつまり予防

トイレのつまりの予防としてまずは、トイレに流してはいけないものは流さない、という事です。また、流す事が出来るトイレットペーパーやトイレクリーナーでも、大量に使用する事は避けます。因みに、トイレットペーパーダブルの場合は1ロールの半分、シングルの場合は1ロールを一度に流すと、つまりを起こし易くなります。使用する量には、十分に気を付けましょう。また、食べ残しや、吐瀉物などにも気を付けます。吐瀉物には油分が多く含まれている為、詰まる原因になります。やむを得ず、という場合は流す際に大の方で流し、念のため2度3度繰り返し流す事でつまりを予防出来ます。また、小さい子供がいる家庭で多いのが、おもちゃなどの異物を流してしまう事です。その他にも携帯電話や、トイレでゲームをして誤って落としてしまうという事もあります。これらは、普段からトイレに物を持ち込まない事を徹底する事で、予防出来ます。また、気が付かずに流してしまう事もあります。背中に貼った湿布やカイロなどが、トイレに行った際に取れてしまったり、ポケットの中のものが便器に落ちてしまい気付かずに流してしまうなどです。事前にチェックして、気を付けながらトイレを済ますように心がける事で、予防は出来ます。

このような事を日頃から気を付ける事で、トイレのつまりを防ぐことが出来ます。安心してトイレを使用出来るよう、日常的に自分で予防出来る事を心掛けましょう。