トイレのつまり原因

トイレは、日常生活を送る上で無くてはならないものであり、最も頻繁に使用される場所です。その為、つまりや水漏れなどのトラブルもしばしば起こります。トイレがつまると不便を強いられ非常に困りますので、迅速に対応しなければなりません。ここでは、トイレのつまりの原因についてご説明します。

トイレのつまりの原因の1つとして挙げられるが、トイレットペーパーやトイレクリーナーなどを大量に流す事です。トイレットペーパーなどは水に溶けやすい性質なので、いずれ溶けますが、量が多いと、溶けるまで時間がかかるのでその間トイレは使用できません。また、固形物や、ティッシュペーパーなどの水に溶けない物を流してしまう事です。小さい子供が遊び感覚でトイレにおもちゃを流してしまったり、トイレットペーパーをきらしてしまい、ダメとわかっていてもつい、ティッシュペーパーを使用してしまう事でトイレのつまりが起こります。ペーパーを大量に流したり、流してはいけない物を流す事で、狭くてカーブになっているせきという部分や、便器排水路の出口付近のくぼみに溜まり、つまりを起こします。また、水流の圧力不足なども、つまる原因の1つです。通常、水圧は確実に流れるように調節されています。しかし、節水などの目的で、タンクにペットボトルなどを入れておくと水圧は弱くなり、流れずに便器の内部に溜まってしまうのです。

便器や排水管の内部は狭く、カーブになっていますので、つまりの原因となる事には注意し、綺麗に使用しましょう。