トイレのつまり予防

トイレのつまりの予防としてまずは、トイレに流してはいけないものは流さない、という事です。また、流す事が出来るトイレットペーパーやトイレクリーナーでも、大量に使用する事は避けます。因みに、トイレットペーパーダブルの場合は1ロールの半分、シングルの場合は1ロールを一度に流すと、つまりを起こし易くなります。使用する量には、十分に気を付けましょう。また、食べ残しや、吐瀉物などにも気を付けます。吐瀉物には油分が多く含まれている為、詰まる原因になります。やむを得ず、という場合は流す際に大の方で流し、念のため2度3度繰り返し流す事でつまりを予防出来ます。また、小さい子供がいる家庭で多いのが、おもちゃなどの異物を流してしまう事です。その他にも携帯電話や、トイレでゲームをして誤って落としてしまうという事もあります。これらは、普段からトイレに物を持ち込まない事を徹底する事で、予防出来ます。また、気が付かずに流してしまう事もあります。背中に貼った湿布やカイロなどが、トイレに行った際に取れてしまったり、ポケットの中のものが便器に落ちてしまい気付かずに流してしまうなどです。事前にチェックして、気を付けながらトイレを済ますように心がける事で、予防は出来ます。

このような事を日頃から気を付ける事で、トイレのつまりを防ぐことが出来ます。安心してトイレを使用出来るよう、日常的に自分で予防出来る事を心掛けましょう。

トイレのつまり対処

トイレのつまりの対処として、一般的に多いのが、ラバーカップの使用です。便器にビニールシートやごみ袋を覆い、そこに穴をあけラバーカップの柄を通し、便器内の水が外に飛び出さないよう注意しながら使用します。ラバーカップと排水溝に隙間が出来ないようにゆっくりとラバーカップを押し、その後勢いよく引く、という作業を何度か繰り返し行うことで、排水溝に水が流れて行きます。その後、更にバケツで水を流し、排水溝に流れて行くようであれば、つまりは解消された事になります。次に、ワイヤーブラシでつまった物を取り除く事です。途中でワイヤーブラシが折れる事のないよう、強度のあるものを使用し、排水管につまっている物を取り出します。これらの事を行っても解消されない場合は、それ以上無理はせず、速やかに業者に委託しましょう。無理に取り出そうとする事で、異物が更に奥に入ってしまったり、便器を傷める恐れもあります。業者に委託した場合の費用は、もちろん業者や程度にもよりますが、安いところだと1000円からの業者もあります。費用の内訳は、便器の取り外し、専用器具の使用、必要な場合は、部品交換代などがかかります。全国展開、24時間対応してくれる業者も多くあり、すぐに駆けつけてくれます。

トイレのつまりは、早急に直さなければなりません。自分で対処しても解消されない場合は、それ以上無理はせず、業者に委託しましょう。

参考リンク〔水漏れカイケツくん

トイレのつまり原因

トイレは、日常生活を送る上で無くてはならないものであり、最も頻繁に使用される場所です。その為、つまりや水漏れなどのトラブルもしばしば起こります。トイレがつまると不便を強いられ非常に困りますので、迅速に対応しなければなりません。ここでは、トイレのつまりの原因についてご説明します。

トイレのつまりの原因の1つとして挙げられるが、トイレットペーパーやトイレクリーナーなどを大量に流す事です。トイレットペーパーなどは水に溶けやすい性質なので、いずれ溶けますが、量が多いと、溶けるまで時間がかかるのでその間トイレは使用できません。また、固形物や、ティッシュペーパーなどの水に溶けない物を流してしまう事です。小さい子供が遊び感覚でトイレにおもちゃを流してしまったり、トイレットペーパーをきらしてしまい、ダメとわかっていてもつい、ティッシュペーパーを使用してしまう事でトイレのつまりが起こります。ペーパーを大量に流したり、流してはいけない物を流す事で、狭くてカーブになっているせきという部分や、便器排水路の出口付近のくぼみに溜まり、つまりを起こします。また、水流の圧力不足なども、つまる原因の1つです。通常、水圧は確実に流れるように調節されています。しかし、節水などの目的で、タンクにペットボトルなどを入れておくと水圧は弱くなり、流れずに便器の内部に溜まってしまうのです。

便器や排水管の内部は狭く、カーブになっていますので、つまりの原因となる事には注意し、綺麗に使用しましょう。